印鑑の使用

欧米諸国がサインの国であることに対し、日本は印鑑の国と言えます。いろいろなシーンにいろいろな印鑑が使われており、まず挙げられるのが実印です。個人も法人も、居住地、所在地の役所に印鑑登録を行い、財産取引の際に印鑑証明を添えなければなりません。これが間違いなく証明です、という客観的な証拠付きという状態のときに、実印を使用します。次に、銀行印です。金融機関で口座を開設する際に、その口座用の印鑑となります。いずれも、固有のものである必要があり、変質してはいけないので、安定した材質で作ることが推奨されており、柘植や黒檀、水牛や象牙などが使われています。中でも象牙が高級品とされていました。最近ではチタンでも作成されるようになっています。様々な種類があるため、値段も幅広く設定されています。実印は一生使うため、品質の良いものをおすすめします。一度印鑑登録してしまうと、変更の際に届け出が必要になるため、手間を省くためにも長く使えるものが良いでしょう。他には、認印と言われるものがあります。荷物の受け取りや回覧などの「見ました印」程度に使用します。シャチハタが通称となっている朱肉のいらないスタンプ式のものを、一つ持っていると社会人として便利です。印鑑を必要とする場合、「シャチハタでないもの」とか「朱肉で押すもの」などの注意書きをよく見ます。必要に応じて使い分けましょう。認印は、百均ショップでも取り扱っています。珍しい苗字だと、オーダーになってしまうので、少々高くなってしまいます。